教育部 競技部 総務部

港区スキー連盟について

設立:昭和22年(1947年)10月1日

会長:生駒 滋男

主要事業:
1.競技大会 区民大会、都民体育大会港区予選会、ポール練習会
2.教室    港区スキー教室、区民向けスキー教室、クラブ別スキー教室、
        スキーのためのトレーニング 等
3.講習会   指導者養成講習会
4.その他   研修会、懇親事業 等


 港区スキー連盟は、港区を代表するスキー団体として、東京都港区体育協会に加盟するとともに、財団法人東京都スキー連盟に加盟しています。
 現在、全日本スキー連盟の公認指導員および準備指導員(準指)約71名、公認競技運営指導員、旗門審判員などの資格を持つ会員が多数所属しており、加盟8団体の中には、競技を専門とするクラブもありアルペン競技やクロスカントリー競技において国体選手等も多数輩出している、東京都スキー連盟の中でも非常に有力な団体となっています。

 活動状況としては、港区教育委員会や港区キスポート財団主催の区民向けスキー教室等への講師派遣のほか、港区スキー連盟や加盟クラブ内での講習会、バッジテストなどを実施するとともに、都民スキー大会、その他の大会に選手を派遣するなど多彩な活動を行っています。
 また、港区スキー連盟連盟の各クラブの枠や季節を越え、講師の派遣やクラブ員相互の行事への参加、レクリェーショナルなスキーツアーや技術研修活動、オフトレーニングなど、会員レベルでの交流も盛んに行われており、活動の広がりを見せています。